専業主婦キャッシング即日

専業主婦がお金を借りるには銀行カードローン

専業主婦は銀行カードローンを利用すること

 

普段旦那を支える役割を果たし、主にいろいろな家事をしながら生活をしている専業主婦は仕事をしていないので、基本的に収入はありません。

 

しかし専業主婦でも普段の生活はもちろんのこと、自分の友人や知人とのお付き合いの際にお金が必要になってくることも少なくありません。

 

このような場合においてはいろいろな金融機関を利用してお金を借りる必要性が生じてくることになります。

 

そこで専業主婦がお金を借りるための方法として考えられるのがカードローンです。

 

カードローンとはあらかじめ金融機関と契約で自分がお金を借りることができる限度額を決めておき、後に金融機関から発行されたカードを利用して限度額に達するまで自由にお金を引き出すことができるというものです。

 

カードローンはお金を借りたいと思った時にすぐに利用することができるのでとても便利であると言えます。

 

そして専業主婦がお金を借りるために利用するカードローンは銀行カードローンしか無いです。

 

カードローンは銀行以外の金融機関でも利用することができるのですが、他の金融機関は専業主婦に対して融資してくれないからです。

 

専業主婦は銀行カードローンを利用できる理由とメリット

 

人がお金を借りるために金融機関でカードローンを利用する場合にはまず審査を受けることになるのですが、その時に申込者の収入はどのくらいなのかということを審査されます。

 

なぜなら総量規制が定められたことによって、この規制の対象となる金融機関でお金を借りる場合において、原則自分の年収の3分の1までしか借りることができないからです。

 

これによって総量規制の対象となる金融機関では収入のない専業主婦は審査に通過することができません。

 

しかし銀行は総量規制の対象となる金融機関ではないので、収入のない専業主婦でもカードローンを利用することができます。

 

また専業主婦はカードローンを利用する際に旦那など家族にばれないかどうかを気にする人が多いですが、銀行の場合は人の信用を大事にしているので、例え利用者のプライバシーはしっかり守ります。

 

そのため旦那など家族にも利用者がカードローンを利用していると伝えることはないので安心して利用できるメリットがあります。

 

また銀行のカードローンは他の金融機関のカードローンよりも低金利で利用することができ、総返済額も少なくて済むため、経済的なメリットがあります。

 

総量規制について

 

専業主婦がお金を借りるためにカードローンを利用する場合、消費者金融を選択することはできず、銀行系を利用することになります。

 

よく銀行カードローンの広告などを見ると専業主婦OKといった文言をよく見かけます。

 

なぜこのようになるのかというと消費者金融は総量規制の対象となる貸金業者であるため、収入を得ていないと審査に通過することができないからです。

 

逆に銀行の場合はこの規制の対象外なので、収入がない場合でも利用することが可能です。

 

そして総量規制とは具体的にどのような規制なのでしょうか?

 

総量規制とは

 

総量規制とは消費者金融などの貸金業者でお金を借りる場合において、一定の限度までしか融資をすることができないという規制のことです。
具体的には借入をしようとしている人の年収の3分の1までしか融資を受けることができないというものです。

 

そのためこの条件を満たすことができない場合は融資の審査が下りないので、収入のない主婦や学生は総量規制の対象となる金融機関でキャッシングやカードローンを利用することができないということになります。

 

そしてなぜこのような規制ができたのかというと自分の収入をはるかに超える多額の借金をしてしまい、多重債務者となってしまう人が多かったので、少しでも借金問題で悩んでいる人の数を減らすために融資をすることのできる額を制限するためです。

 

そのための規制ができた後は多額の借入をする人が少なくなってきたので、以前よりは借金問題で苦しむ人も減少してきています。

 

配偶者貸付を利用する方法もあります

 

それでは収入のない専業主婦は総量規制の対象となる金融機関を利用して借り入れをすることができないのかというと配偶者貸付を利用することによって、借入をすることができる場合があります。

 

配偶者貸付とはどのようなものなのかというと旦那と専業主婦の収入を合算して二人分の借入が二人の年収の3分の1の範囲内であれば専業主婦でも借入をすることができます。

 

しかしこの制度を利用するためには申込をする際に旦那の同意書、旦那と結婚をしていることを証明する戸籍又は住民票、旦那が一定の収入を得ていることを証明する収入証明書などを提出する必要があります。

 

そのため配偶者である旦那に自分がカードローンを利用することを理解してもらうことがこの制度を利用するための条件になってきます。